芸能・アイドル

2003年5月 6日 (火)

梅田コマ「悪名」リポート&陰陽師・終了報告」

皆さんこんにちは。大富士日記第2回目です。
 19日から稽古が始まった今回の芝居は、山本譲二さんが座長の「悪名」です。
 昔、勝新太郎さん、田宮二郎さんのコンビで映画化された作品です。今回は山本譲二さんが歌手になって30周年、大先輩の北島三郎さんも稽古初日に挨拶に来るという、特別企画。5月2日~13日が梅田コマ、17日~29日が新宿コマです。
 私にとっては、堺正章さんが座長の芝居以来六年半ぶりの商業演劇、たけし軍団の柳ユーレイさんも一緒とはいえ、蜷川さんの芝居とは違い、知らない人ばかり、顔合わせの時は緊張しました。
 普通の芝居だと、稽古期間は大体1ヶ月~1ヵ月半、再演の芝居だと2週間ぐらい、今回は10日間、短い=不安。台本を貰ったのが稽古初日の5日前、ゲーッ、大丈夫?・・・ 今回の私の役は、山本譲二さん扮する八尾の朝吉の子分(ユーレイさんと2人)と島の人。台本を開いてびっくり、ひょっとしたら今迄の芝居で一番、台詞と出番が少ないかも・・・ でも、演出家の先生も面白いし、稽古を重ねているうちに楽しくなってきました。私は芝居が好きですから。
 話はちょっと変わりますが、20日に「陰陽師Ⅱ」の打ち上げが有りました。打ち上げで盛り上がるのは、やはり抽選会です。今回はかなり豪華賞品の数々、現金10万円が数本、5万円商品券とかシャレでつまんない物もありますが・・・
 今迄、私はいつも賞品には無縁、どうせ今回もなあと思いつつ、48番と書かれた紙と1000円で買った71~80番の紙。
 1回目の抽選は深田恭子賞、東京ディズニーランド2泊ペア招待券、77番とコール、やったーと思い壇上に行くと、「これは違う方のくじです」と、司会の冷たい声。恥ずかしい思いをしました。最初にけちが付いたのか、その後かすりともしない。71~80番は現金5万8000円が当たる宝くじ、それも外れて、ついに最後の野村萬斎賞は、韓国ペア旅行券と正露丸のどちらか(すごい落差)。1人目のコールは67番、深田恭子ちゃんです。そして最後のコール、司会がでかい声で48番。な、何と私です。でも正露丸かもなと思いながら壇上に。萬斎さんが2枚の紙をシャッフルして右手と左手に握る。会場の拍手の数で左手が韓国、右手が正露丸に決まりました。
 そして左手をオープン、な、な、何とーっ、48番。私です。やったー、ついに当たったー。悔しがる恭子ちゃん。
 今迄、色々な打ち上げに参加したけど始めての快感、二次会にも参加しないで真っ直ぐ帰宅。女房と子供に自慢げに報告すると、2人揃って、「ディズニーランドの方が良
かった。」私は「韓国の方が値段が高いんだ」と言いながら開封し、目録を確認すると、GWとお盆を除いて12月迄有効のペア往復航空券(1週間有効)ホテル代は自前。えー、司会の人は確か「焼肉食べ放題です。」と言っていたのに・・・
ちょっと落ち込む私。こうなったら換金しようとチケットショップに、でも断られる。
誰か買ってくれる人居ないかなあ?それとも観光で3日間位、行って来るかなあ・・・
 芝居の稽古も順調に進み、いよいよ大阪に出発です。2日からの公演、頑張ります。それではまた。 Geinou5_1_2 Geinou5_2_2

| | コメント (0)

2003年4月13日 (日)

映画「陰陽師・」撮影日記

アルテクラ読者の皆さん、こんにちわ。  
 リポーター、ニューフェイスの大富士です。今回から、俳優の私が、大富士・ 舞台日記をおおくりします。現在は、北野武監督の下、オフィス北野俳優部に所 属して、舞台を中心にテレビや映画、CMなどの仕事をしています。  
 さて、第1回目の今回は、映画「陰陽師・」撮影日記です。
 大盛況だった蜷川幸雄さんの「夏の夜の夢」の博多公演、その後のパリ公演、早 いものであれからもう半年経ちました。(編集部注:スナッグ役で出演)
  私は今、久し振りの映画出演で頑張っています。「陰陽師・」です。監督は滝田 洋二郎、正月に公開した「壬生義士伝」の監督です。
 「壬生義士伝」は浅田次郎原作で、私はTVの「壬生義士伝」(昨年正月、10 時間ドラマ)に坂本竜馬の書生役で出演しました。
 台本を貰って読んだときに、すごくいい話で感動しました。だから映画にも出た かったのですが、残念ながら出れませんでした。
 「陰陽師・」の出演が決まった時、私は多分、妖怪か何かの役だと思っていたの ですが、人間の役だったので安心しました。 2月15日にクランクインしたのですが、私の出番は3シーンで(少ない)トー タル4日間の撮影です。撮影は調布の日活、3月25日~ 4月6日迄が岩手の江刺ロケです。そのロケの報告をします。
 えさしというと北海道の江差が浮かんだんですが、岩手にも江刺が有ったんです ね(岩手の人、ゴメンナサイ)
 東京から東北新幹線で約3時間、水沢江刺駅に到着。雨は降っているし寒い(3月31日夕方)スタッフが出迎えてくれて、そこから車で 約15分、宿泊するホテルニュー江刺に到着。ロケ現場はそこから5分位らしい です。晩御飯を食べようと外出、ぶらぶら歩いてると 蔵屋敷が沢山出現、でもほとんどが閉まっている。月曜の夜7時、残念です。
 4月1日朝9時、ロケ地「藤原の郷」到着。現場でスタッフに状況を聞いてみ る。すると「昨日は夜12時に終わりました」「先日は朝4時でした」とか、い きなりの脅し?でも晴れてるし、私は早く終わるでしょう、たぶん? 「藤原の郷」は、平安京を再現した歴史公園で、前回の「陰陽師」や昨年、一昨 年のNHKの大河ドラマ、時代劇のロケに使われています 。日光の江戸村や京都の映画村みたいな感じです。 (歴史公園 えさし藤原の郷)
 さて今日の私の1シーンは、今井絵理子ちゃん扮する蜜虫(みつむし)と絡みの シーン。絵理子ちゃんは今日でクランクアップ。
 撮影後、監督から花束、そして記念写真。その後、私も無事終了。14時30分 (ラッキー) 残るは1シーン、日活での撮影です。ファイトー
 4月19日からは、次の舞台の稽古が始まります。私、大富士が舞台の裏話?な ど、また報告します。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

芸能・アイドル