« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月26日 (日)

「日本の底力」

未だ梅雨が明けていないのに猛暑日になったり、嫌な天気ですね~。

3ヶ月以上ご無沙汰していた大富士日記(大汗)です。

2月にオファーが有った5月の芝居を諸事情から断り、4月にはCMオーディションに落ち、ちょい凹み。5月の芝居は、小さな劇場で5日間7ステージの芝居でした。興味がある演出家だったし、役も良い役なので、本当は出たかった。1年振りの芝居でもあったので・・・。

大震災から3ヶ月以上経ちましたが、まだまだ復興への道は遠いようです。7千人以上の行方不明者、10万人以上の非難生活者、原発問題、風評被害、山積みです。そんな中でも、心が温まる話が沢山有りました。

震災直後の諸外国の対応です。日本に在留してる米軍を始め、各国の災害救助隊が敏速に対応してくれた。今迄に、日本の災害救助隊が各国の有事に派遣されたことも理由の一つだと思うが、やはり世界共通の助け合い精神だと思う。米軍の「ともだち」作戦?もその一つ。海兵隊が、指示も受けてないのにヘリで避難所に食料を届けたり、色々な話が有る。

義援金の話もそうです。国内だけでも2千億以上!!。外国からもかなりの寄付金。もちろん、沢山の著名人達も。中でも印象に残ってるのは、タイのスラム街の人達。1日働いて、2千円にもならない人達が何十万円も集めて寄付をしてくれたり、貧しい国の農家の人達が、お金は無いので農作物を寄付してくれたりもした。最近では、エチオピア。けっして豊かな国ではないのに、2千万以上のお金を日本の大使館に持参したそうです。国内でも、受刑者達が少ない労働報酬などから寄付金を集めたり。そして、現地で必死で作業を続ける自衛隊、警察官、消防隊。放射能の危険にさらされながらの原発作業員。ボランティアの人達。何も出来ない私にとっては本当に頭が下がります。

今回の災害は、地震、津波、原発のトリプル。いや、人災?も加わった大災害。まるで終戦の時のような被災地。相撲の巡業で行った場所も何ヶ所か有る。一日も早く復興して欲しいです。もちろん、国、そして国民皆の協力が必要です。

終戦から僅か数十年で世界の経済大国にまでなった日本です。日本は凄い力を持った国だと思います。そう信じてます。

| | コメント (1)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »