« 「蜷川さんの文化勲章受賞を祝う会」 | トップページ | 「日本の底力」 »

2011年3月13日 (日)

東日本大地震

3月11日(金)、この日は実家の仕事(建設業)の手伝いで近所の現場に居た。現場は2箇所あり、どちらも会社から車で10分もかからない所で、私の住まいからも近い場所です。午前中に1箇所終わらせると手分けになり、一人で次の現場に向かった。

仕事の内容は、駐車場の隅に有る古い電灯の基礎を壊して新しくコンクリートを打ち、自転車置き場にするという仕事です。電動工具で古いコンクリートを壊し終え、新しいコンクリートを打つ準備をしている時でした。

地面が揺れだし、周りの建物も揺れだした。地震かなと思っているうちに今迄に体験したことがない激しい揺れになり、近くの鉄骨の柱に摑まった。このままだと建物が崩壊したり、もう駄目かなと思いました(冷や汗)。ずいぶん長く感じられた揺れが治まると、隣の新築現場の職人達や、近所の人達が表に出て来た。周りを見渡すと、どこも無事だったようでほっとした。一安心して休憩しようと思い、お茶を買いに行くと、又、揺れだした。先程ではないが、歩いているとはっきり分かる。車に戻り休憩していると、まだ小さな揺れが続いた。地震が収まり、仕事再開。普段、実家の会社は足場関係の仕事が多い。先日も川口に在る11階建てのマンションの足場をバラシたばかりでした。もし、その時だったらと思うとゾッとしました。

さて、仕事を早く終えて帰ろうと思っていたところ、コンクリートの材料が少し足りない(汗)。もう1箇所の現場もコンクリ打ちなので、材料のことで電話をするが、地震の影響か何度かけても通じない。結局、会社に取りに行くことにしたが道路(国道15号第一京浜)は大渋滞、通行人もやけに多い。1時間位かかって現場に戻り、仕事を無事に終わらせた。この時は未だ、大地震の状況は分かっていなかった。帰りは先程よりも大渋滞、通行人も競艇(平和島)終了後のように歩道にあふれてる。やっと会社に戻り、地震の大きさが分かった。首都圏の交通は完全にマヒ、帰宅困難者が大勢いるそうだ。カミさんとも電話がやっとつながり、娘共に無事を確認、一安心して自転車で家路に向かう。相変わらず国道は上り下りとも大渋滞で、歩道は徒歩で帰宅する人達であふれてる。5分で帰宅出来るのは運が良かった。自宅に戻り娘にに聞くと、我が家もかなり揺れたそうだ。被害は、神棚の御札が倒れた程度だった。TVを見て、今回の地震の大きさ、そして津波の凄さに驚いた。時間が経つにつれて、甚大な被害が明らかになってくる。災害は本当に怖いです。

今回の地震、津波でお亡くなりになられた方には心よりお悔やみ申し上げます。また、被災された方々にはお見舞い申し上げます。そして、一日でも早い被災地の復興を願ってます。

|

« 「蜷川さんの文化勲章受賞を祝う会」 | トップページ | 「日本の底力」 »

コメント


こんな時だからこそ、生きてる内に思いっきり楽しんでおきたい…
不謹慎なんて言うなよな!いっちまったら何もできないんだから…(´・ω・`)
http://itsnxn2.glinds.info/

投稿: 備えあれば憂いナシ!! | 2011年3月20日 (日) 11時07分

大富士さん、覚えていますか?どうしようもない朝の富士ですが、今は所沢で子ども4人に恵まれて優雅(笑)に暮らしております。たまには会いたいですね !連絡を待っております。大富士さんの兄弟も元気にしておりますか?

投稿: 朝の富士 | 2011年5月 7日 (土) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「蜷川さんの文化勲章受賞を祝う会」 | トップページ | 「日本の底力」 »