« 後悔先に立たず | トップページ | 「血は立ったまま眠っている」稽古見学 »

2010年1月 7日 (木)

パワーストーン

2010年、新しい年のスタートです。今年は是非、良い年にしたいです。

Img0131月2日初詣、30年位前から川崎大師に行くのが恒例になってます。20数年前からは、毎年2日の午前中に行ってます。家から近いので、9時頃には着くように行くと混雑を避けられます。車も比較的に止めやすいです。路駐ですが(笑)。そして、午前中には参拝を終えて帰宅します。

例年は、家内と娘が家内の実家に帰るので、一人で行ってましたが、今年は久し振りに家族3人で行ってきました。私は混雑してくるのが嫌なので、マイペースで参拝を終えて、門外で家内達を待つ事にした。大山門前の「住吉」でくず餅(この店が一番美味い)と、その隣の「開運堂」でだるまを買い(30年、同じ店)、10分ほど待っていると家内達が出てきた。本殿の脇に在る店で、石のブレスレットを娘に買ってあげたそうです。干支の守り本尊が入った数珠みたいなものです。その店で、石の話を色々と聞いてきたそうです。「住吉」の喫茶部で「くず餅サンデー」を初体験、くず餅だけの方が美味しいかな(笑)。

帰宅してから、石のブレスレットの話題になり、家内も自分のを買いに行こうかなと言い出した。私は毎年、境内でお札とかお守りは必ず買うが、他の物は買わない。まして出店などではまず、買わない。大体、ブレスとかネックレス、アクセサリー類は好きではないし。結婚指輪は別です(笑)。まして、 私のサイズはすべて既製外(笑)。

家内の話だと、ちゃんとした店だし、特注でも作ってくれるそうです。既製品だと男物でも数千円で有るし、好きな石を足してもらっても少しだけ割り増しになるだけで出来るとのこと。 う~むっ・・・石の力か?・・・さんざん迷ったあげく、予約の電話。

3日、家内と又、川崎大師に行く事になった(苦笑)

予約をした9時に店に行くと、既製サイズの物を作っている様子だ。それが終わったら、私の番みたいだ。「お待ちどうさま」と言って、私の脇に居たお客に渡した。「いくらですか?」、「お金は要らない」、「すみません」と言う会話。どうやら修理にきたお客だった。後から聞いたが、修理は無料だそうだ。アフターもちゃんとしている店だ。

いよいよ私の番だ。私としては、既製品に長さだけを足して貰おうと思っていたのだが、奥から新しい石を色々と持ってきた。芸能界にいるということを話し、お任せする事にした。石一つから繋ぎだし、説明しながら作っている。完全な特注品です。内心、値段が気になる(汗)。最後に留め金を付けて出来上がり。説明をしながら手首に付けてくれた。

さて、気になる値段です。最初の予定の数倍、ん万円になってしまった。それでも、かなり勉強してくれたみたいです。これで運気が強くなるなら、アフターもちゃんとしてるし、良い買い物をしたかなと思っています。予定してた洋服の買い物もキャンセル(笑)。

今年一年が幸福な年になりますように。いや、良い一年になる(大笑い)。

|

« 後悔先に立たず | トップページ | 「血は立ったまま眠っている」稽古見学 »

コメント

私も、子供の時は、毎年川崎大師に行ってました。今は、川越大師に行ってます。今年も行ってきました。今年は、下の息子が前厄なので、厄除けもしてきました。パワーストーンは、誕生石のアメジストのブレスレットをしています。信じる者は、救われる!ですよね。

投稿: 横井陽子 | 2010年1月12日 (火) 13時26分

大富士ごんちゃん、平成24年のお正月には親交のある春日山部屋も近いので行こうと思いますが?

投稿: 茂垣守夫 | 2011年8月27日 (土) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 後悔先に立たず | トップページ | 「血は立ったまま眠っている」稽古見学 »