2012年2月16日 (木)

「下谷万年町物語」終了

 1月6日(金)に幕が開いた「下谷万年町物語」も2月12日、無事に終了した。八軒長屋を再現したり、本水を使った池も蜷川ならではの贅沢な舞台です。今年一番の話題作でもあり、44公演が長いようで短かった気がします。

 公演は連日立ち見券も出るほど満席で、沢山の著名人も来ました。蜷川さんの芝居に出たことのある役者さんは、ほとんどの人が観に来てたと思います。初日は凄かったです。中村勘三郎さん、熊川哲也さん、そしてビートたけしさん。今回オフィス北野から4人も出演してるのと、話が昔の浅草の事だということもあったので、来る、いや来ないと話題になってました。当日、コクーンに向かったと情報が入ると、4人(らっきょさん、憂怜さん、三又さん、私)には緊張感が走った。開演45分位前に黒いコートを着たたけしさんが楽屋に登場、もの凄いオーラです。そして、かっこよかったです。蜷川さんもにこにこしながら挨拶、私も久しぶりに会ったので挨拶すると、「大富士さん、縮んだんじゃない?」、私「大分痩せました」(苦笑)。開演の少し前まで私達の楽屋に居ましたが、昔の浅草の話などで盛り上がってました。終演後たけしさんはすぐに帰りましたが、いつもとは違う緊張感が楽屋全体に漂った初日でした。

 1月9日(月)初めての休演日、例年の1週間遅れで川崎大師に初詣。買ってから2年経ったパワーストーンのブレスレットの金具を直してもらう。サービスで、虎目石を2個新品に換えてくれて、黒針水晶も新たに入れてくれた(感謝)

 1月25日(水)、シアターコクーンに向かい、品川駅で乗り換えようとしたら、山手線が止まっている。復旧の見通しはたってない(汗)。時間には余裕があったのですが、タクシーで行こうと思い、駅から出たらタクシー乗り場は大行列(汗)。反対側を見たら空いてるので歩道橋を渡ることにした。早足で歩道橋を降りてると、途中の踊り場あたりで転んだ。転んだ瞬間、やばい!公演中だ!怪我をしたら駄目だと思った。慌てて起きようとしたが、滑って起きれない。足元を見て初めて階段が凍ってるのが分かった(冷や汗)2日前に降った雪が残って凍ってたのです。2、3回滑ってやっと起き上がった。恥ずかしさと焦りで早くその場から離れたかった。不思議と周りには人が居なかった??。タクシーに乗ってからやっと冷静になり、ズボンの後ろが濡れてるのと肘が少し痛いのを確認、他に怪我はないようだったので一安心。楽屋に着いて着替えてる時、右肘が少し擦り傷になっていた。と同時にあのブレスレットが無いのに気づいた(大汗)。タクシー会社に電話をしたが無い。やはり転んだ時に外れたようです。慌ててたので、気がつかなかったみたいです。帰りに品川駅前の交番に寄り、届いてるのを期待したが無かった。凹む。家で話をすると、石が身代わりになったから、たいした怪我をしなかったんだよと娘に慰められる。そう言われると、公演中に大怪我をしなくて本当に良かったと思います。

 2月12日(日)、無事に千秋楽。カーテンコールで盛り上がり、お客さんも万年町の歌を大合唱。そのうちに池の落としあいが始まり、私も誰かに落とされた。池から出た瞬間にかつらがとれてたので周りは大爆笑、かつらは行方不明に。芝居中に何度も落とされる西島君の気持ちが少し分かった気がします。自前のパンツをはいてた私は、もちろん、帰りはノーパンにズボンをはいて帰りました(笑)。

 今回の私は出番は少なかったですが、本当に凄い芝居に参加出来て良かったです。やはり、りえちゃんは凄い女優さんだなと実感したし、藤原君も相変わらず勢いがあるし、そしてNissyこと西島君、最高!!この3人の歯車がとてもかみ合ってたと思います。大門さんも凄いし、六平さん、金さん、沢さん、石井さん、そして唐さん、最高です!!娼夫役の皆さんも素晴らしかったです。

 

| | コメント (0)

2011年12月20日 (火)

「下谷万年町物語」

 いよいよ年の瀬、寒さも本格的になってきました。

 久しぶりの舞台は「下谷万年町物語」(作、唐十郎)、演出はもちろん、蜷川さんで、30年前に渋谷の西武劇場で上演された作品の再演です。宮沢りえさん、藤原竜也君、AAAの西島隆弘君の3人をメインに、総勢50人で演じる、昭和23年の下谷万年町(現北上野)での出来事を題材にした作品です。今回、藤原君の役ですが、初演では、当時新人だった渡辺謙さんが演じてました。

 稽古場は、いつものさいたま芸術劇場。4日、5日が歌と踊りの稽古で、7日が顔合わせと本読みでした。いつもと違うのは、作者の唐さんが本読みをするという、貴重な体験が出来た事です。

 状況劇場(現・唐組)を主宰する唐さんは、元祖アングラ芝居の劇作家、演出家で、役者でもあります。状況劇場には縁があり、20年前にパルコ制作の映画で親子の役で共演した状況出身の大久保鷹さん、夕張ロケで3週間一緒でした。それがきっかけで、初めて見た芝居が唐組の「電子城Ⅱ」、目黒不動の境内にテントを張っての芝居でした。唐さんも出演してましたが、ラストには衝撃を受けました。その後2、3回、唐組の芝居を見ました。初舞台「シティオブエンジェルス(92年)」では、不破万作さん(元状況)とギャングのコンビで共演してお世話になりました。根津甚八さんともドラマで共演しました。今回、2度目の共演になる六平さん、初めて共演する金さんも状況出身です。唐さん自身も今回7公演、出演します。               

 さて、9日から始まった立ち稽古、メインの3人が頑張ってるので順調に出来上がってきてます。30年前と同じ役を演じる大門さん、相変わらずパワフルでさすがです。六平さん、金さんもピッタリ役にはまってて、とても面白くて凄いです。私も初のオカマ役で頑張ってます。30年前の初演に負けないように全員で頑張ってます。                          

 今年もあと10日、来年こそは良い年にしたいです。

 公演は、渋谷のシアターコクーン。 1月6日(金)~2月12日(日)

| | コメント (1)

2011年10月 7日 (金)

相撲の先輩へ

10月に入り、紅葉の季節ですね。

前回、前々回とブログにコメントをくれた茂垣(元朝の富士)さん、遅くなりましたが、有難うございました。最初、朝の富士ではピンときませんでした(汗)。20年振りくらいですかね?

現役時代は、本当にお世話になりました。是非、久しぶりにお会いしたいのですが、連絡の取りようがなくて困ってます。自分のPCは壊れたままで数ヶ月(大汗)。家内のPCを使っているのでメールの設定もしてません(又、大汗、苦笑)

ちなみに我が家のTEL番号は23年、変わっていません。もし、差し支えなければコメントにメールアドレスを書いて下さい。携帯でメールします。又はTEL番号を書いて下さい。宜しくお願いします。

是非、お会いしたいです。大富士

| | コメント (1)

2011年9月25日 (日)

この夏、ハマッタ物。

夏も終わり、もうお彼岸、残暑も厳しかったですが、すっかり涼しくなりました。「暑さ寒さも彼岸まで」、言葉通りですね。

この夏ハマッタ物、それはゴーヤです。そう、沖縄名物の苦いゴーヤ、と言っても食べるのでは無く、緑のカーテン。

6月に家内がゴーヤの苗を四つ買ってきた。10cm位で一つ百円、緑のカーテンを作ってみようということだった。頼まれてホームセンターに行き、幅70cm位のプランター、土に肥料、ネットと添え木、ついでに簾も三枚買ってきた。今年の夏は節電ということで、店内は節電グッズ?が沢山置いてあった。

緑のカーテンなんて、と馬鹿にしていた私ですが、プランターに植えてから二日程経つと、ゴーヤの細い蔦が伸びてネットと棒に絡み付きはじめた。それを見た時にゴーヤの成長が楽しみになってきた。

我が家の室内は禁煙、ベランダでタバコを吸う蛍族(古い?笑)。ベランダでタバコを吸う度にゴーヤを眺める。日ごとに成長するゴーヤに興味津々、自分でも水をやったりする。一月程すると、ベランダの梁まで成長し、小さい黄色い花が幾つも咲いた。細い蔦がまるでスプリングのようになって、ネットと棒にしっかり絡まっている。猛暑の日差しを受けてる昼間は萎れているのに、夜になると元気に花も全開、小さい実らしき物も出来ている。緑のカーテンも出来上がってきた。毎日見ていても本当に飽きない。

8月になると小さい実がゴーヤの形になり、どんどん大きくなってきた。そのうち八つほどが20cm位になり、いよいよ食べごろかなと思って期待する。しかし、どれもそこまでか、黄色くなって枯れてしまった。残念!!次に期待をと思いながら9月に入ると又、実が八つ出来てゴーヤの形になってきた。楽しみにしていたが、21日に台風15号が直撃、強風に必死に耐えるゴーヤだったが、ついに全滅。とても悲しい気分でしたが、3ヶ月以上にわたり、本当に楽しませてもらいました。そして、ゴーヤの力強く生きる姿、とても感動しました。

今年も暑い夏でしたが、昨年同様にエアコンを一回も使わずに済みました。この話を聞いた人は、誰もが驚きます。まして人一倍暑がりの私ですから(笑)。一昨年でもエアコンを使ったのは数日ほどでした。娘だけは自分の部屋で快適に使ってますが(笑)。エアコンが苦手な訳ではないですが、扇風機だけで十分に過ごせます。エアコンを使わない相撲部屋で鍛えられたからでしょうか?(笑)当然?室内ではパンツ一丁で、ピンポーンとなると、慌ててシャツか何かを羽織って玄関に(笑)。今年も本当に暑い夏でしたが、ゴーヤにハマッタ楽しい夏でした。

さて、私の次の舞台は来年1月~2月、12月に稽古が始まります。久しぶりなので楽しみにしています。

| | コメント (1)

2011年8月 1日 (月)

「ABBA(アバ)の魅力」

ここ一週間位、日差しはそれほど強くなかったですが、もう8月に入りました。これからが暑さ本番になりそうです。

先日、NHK BSで「アメージング・ボイス」驚異の歌声という番組を見ました。北欧特集で、スウェーデン出身の「ABBA」と、ハイトーンボイスについての内容だった。その2日後にも「ABBA」の特集がOAされたので、ABBAが好きな私はもちろん見ました。スウェーデンといえば森と海、白夜、家具、ボルボ。

余談ですが、かつて9年近く2台のボルボに乗りました。良い車でした(笑)。

スウェーデンの山林地方には、キュールニングといわれる牛飼いの歌が有るそうです。女性の役目で、牛や山羊を呼び寄せるのにハイトーンボイスで歌う?凄い発声です。3~4Km位先まで届くそうです。そしてABBAのハイトーンボイス、やはり関連が有るんでしょうか??

ABBAの歌唱法はベルディングといわれ、喉を閉めて腹から高い?太い声?を出す。オペラとは違う。低い声の私は、日頃から高い声が出たらなあと思っているので、参考にしようと思ったが難し過ぎ(苦笑)

全世界で3億7千万枚!!、ビートルズ、プレスリー、マイケルジャクソンに次ぐレコード売り上げ、凄いです。メンバー4人の頭文字を取ってABBA,というのはあまりにも有名。4人それぞれが、グループ結成前に歌手として活躍してたのには驚いた。世界中にコピーバンドが40~50位居るそうです。中でもスウェーデンのアライバルという16年間活動している(本家より長い)バンドは、かなりレベルが高い。

私が一番好きな曲は「ダンシング・クィーン」’76です。当時、ディスコでよくかかってました。今回の番組で初めて知ったのですが、スウェーデン国王の結婚式前夜祭にストックホルムのオペラハウスで、オペラの衣装を着たABBAが国王の前で歌った映像。レコード発売2ヶ月前だそうです。のちに’93、シルビア王妃50歳の誕生日にフリーダがアカべラで歌ったそうです。’00のシドニーオリンピックの閉会式にカイリー・ミノーグが歌ってます。あのU2もコンサートで歌ってます。今聞いても本当に素晴らしい曲です。他にも「チキチータ」、「マネー、マネー、マネー」、「マンマミーア」、名曲は沢山有ります。今回、再発見で好きになった曲は’80「ザ・ウィナー」です。メンバー自身が、ABBAで一番良く出来た曲だと言っているる曲です。

’73~’82の10年足らずで解散したABBA、いまだに世界中の沢山の人達に愛されています。又、沢山のアーティストにも影響を与えてます。マドンナ、あのレディ・ガガにも。今回、改めてABBAに魅了されました。

やはり、’70~’80代って良いですね。特にディスコソング。誰か当時の曲に興味が有る人が居たら、ゆっくりと語り合いたいです。若い人は居ないと思いますが・・・(笑)

| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

「レディ・ガガ」

いよいよ本格的な夏がやってきました。今年も昨年みたいに猛暑になるんですかね?

6月21日、レディ・ガガが1年2ヶ月振り、4度目の来日をした。25日に行われたMTVチャリティーライブに出演する為だ。10日間程の滞在だったが、あの奇抜で大胆なファッションは健在で、ガガ旋風を巻き起こした。日本の為に自身がデザインしたブレスレットの売り上げと、ポケットマネー合わせて2億6千万円を義援金として寄付。今回の来日で、本人は被災地にも行きたかったらしいが、周囲の反対で断念したそうだ。

レディ・ガガ、正直な話、あまり好きではなかった。私の好きなジャンルはR&Bや70年~80年代のディスコソング。携帯のCMで、くどいくらいに曲を聞かされてるし、あのファッション、リトルモンスター(ガガファンの通称)には失礼だが、たんなる一発屋だと思っていた。ところが、ところが・・・

6月18日、WOWOWでライブの放送が有り、娘に録画を頼まれた。土曜の夜ということもあり、家族で見ることにした。今年の2月に行われた、ニューヨーク公演最終日、マジソン・スクエア・ガーデンでの模様。マジソン・・・と聞くと、今の若い人達には分からないと思うが、40年位前に大ブームになったマジソン・バッグを思い出す。マジソン・・・のネームが入った、スポーツバッグだ。紺色が基本で、偽物まで出回った記憶がある。マジソン・・・は、色々なスポーツの会場でも有り、大相撲の公演も行われている。話はそれましたが、さてライブの模様。

オープニングからもちろん、あの奇抜で大胆なファッション、セットも凄い。驚いたのは、観客が写メ、ビデオを撮っている。ガガのライブだけなのか、日本では考えられない事だ。ライブが進むに連れ、会場もヒートアップ。ガガのダンスの切れにも驚いた。回りのダンサーが裸足で踊っている時でも、ガガはハイヒール。その靴もかなり派手。衣装チェンジにセットチェンジ、豪華です。ガガは、ライブには採算度外しでお金をかけるそうです。まるで蜷川さんみたい(笑)。ライブの中ほどで、ピアノの弾き語り「SPEECHLESS」という曲。私が一番好きになったバラードだ。恥ずかしながら早速、携帯の着うたに(笑)。4歳から始めたというピアノの腕前も良い。そして、何よりも驚いたのは、ガガはシンガーソングライターだという事。歌唱力も抜群です。全19曲で15回の衣装チェンジ、確かにお金がかかってそうです。しかし、ガガは本当のエンターティナーだと認識させられました。

ライブ終了後のおまけ映像?リハーサル?「BORN THIS WAY」のアカペラは圧巻でした。本当に久しぶりに感動したライブでした。

昨年の年収72億!!、米フォーブス誌セレブ番付1位!!、世界で2600万枚の売り上げ!!、凄すぎます。今さらなんですが、すっかりファンになってしまいました。(苦笑)

| | コメント (0)

2011年6月26日 (日)

「日本の底力」

未だ梅雨が明けていないのに猛暑日になったり、嫌な天気ですね~。

3ヶ月以上ご無沙汰していた大富士日記(大汗)です。

2月にオファーが有った5月の芝居を諸事情から断り、4月にはCMオーディションに落ち、ちょい凹み。5月の芝居は、小さな劇場で5日間7ステージの芝居でした。興味がある演出家だったし、役も良い役なので、本当は出たかった。1年振りの芝居でもあったので・・・。

大震災から3ヶ月以上経ちましたが、まだまだ復興への道は遠いようです。7千人以上の行方不明者、10万人以上の非難生活者、原発問題、風評被害、山積みです。そんな中でも、心が温まる話が沢山有りました。

震災直後の諸外国の対応です。日本に在留してる米軍を始め、各国の災害救助隊が敏速に対応してくれた。今迄に、日本の災害救助隊が各国の有事に派遣されたことも理由の一つだと思うが、やはり世界共通の助け合い精神だと思う。米軍の「ともだち」作戦?もその一つ。海兵隊が、指示も受けてないのにヘリで避難所に食料を届けたり、色々な話が有る。

義援金の話もそうです。国内だけでも2千億以上!!。外国からもかなりの寄付金。もちろん、沢山の著名人達も。中でも印象に残ってるのは、タイのスラム街の人達。1日働いて、2千円にもならない人達が何十万円も集めて寄付をしてくれたり、貧しい国の農家の人達が、お金は無いので農作物を寄付してくれたりもした。最近では、エチオピア。けっして豊かな国ではないのに、2千万以上のお金を日本の大使館に持参したそうです。国内でも、受刑者達が少ない労働報酬などから寄付金を集めたり。そして、現地で必死で作業を続ける自衛隊、警察官、消防隊。放射能の危険にさらされながらの原発作業員。ボランティアの人達。何も出来ない私にとっては本当に頭が下がります。

今回の災害は、地震、津波、原発のトリプル。いや、人災?も加わった大災害。まるで終戦の時のような被災地。相撲の巡業で行った場所も何ヶ所か有る。一日も早く復興して欲しいです。もちろん、国、そして国民皆の協力が必要です。

終戦から僅か数十年で世界の経済大国にまでなった日本です。日本は凄い力を持った国だと思います。そう信じてます。

| | コメント (1)

2011年3月13日 (日)

東日本大地震

3月11日(金)、この日は実家の仕事(建設業)の手伝いで近所の現場に居た。現場は2箇所あり、どちらも会社から車で10分もかからない所で、私の住まいからも近い場所です。午前中に1箇所終わらせると手分けになり、一人で次の現場に向かった。

仕事の内容は、駐車場の隅に有る古い電灯の基礎を壊して新しくコンクリートを打ち、自転車置き場にするという仕事です。電動工具で古いコンクリートを壊し終え、新しいコンクリートを打つ準備をしている時でした。

地面が揺れだし、周りの建物も揺れだした。地震かなと思っているうちに今迄に体験したことがない激しい揺れになり、近くの鉄骨の柱に摑まった。このままだと建物が崩壊したり、もう駄目かなと思いました(冷や汗)。ずいぶん長く感じられた揺れが治まると、隣の新築現場の職人達や、近所の人達が表に出て来た。周りを見渡すと、どこも無事だったようでほっとした。一安心して休憩しようと思い、お茶を買いに行くと、又、揺れだした。先程ではないが、歩いているとはっきり分かる。車に戻り休憩していると、まだ小さな揺れが続いた。地震が収まり、仕事再開。普段、実家の会社は足場関係の仕事が多い。先日も川口に在る11階建てのマンションの足場をバラシたばかりでした。もし、その時だったらと思うとゾッとしました。

さて、仕事を早く終えて帰ろうと思っていたところ、コンクリートの材料が少し足りない(汗)。もう1箇所の現場もコンクリ打ちなので、材料のことで電話をするが、地震の影響か何度かけても通じない。結局、会社に取りに行くことにしたが道路(国道15号第一京浜)は大渋滞、通行人もやけに多い。1時間位かかって現場に戻り、仕事を無事に終わらせた。この時は未だ、大地震の状況は分かっていなかった。帰りは先程よりも大渋滞、通行人も競艇(平和島)終了後のように歩道にあふれてる。やっと会社に戻り、地震の大きさが分かった。首都圏の交通は完全にマヒ、帰宅困難者が大勢いるそうだ。カミさんとも電話がやっとつながり、娘共に無事を確認、一安心して自転車で家路に向かう。相変わらず国道は上り下りとも大渋滞で、歩道は徒歩で帰宅する人達であふれてる。5分で帰宅出来るのは運が良かった。自宅に戻り娘にに聞くと、我が家もかなり揺れたそうだ。被害は、神棚の御札が倒れた程度だった。TVを見て、今回の地震の大きさ、そして津波の凄さに驚いた。時間が経つにつれて、甚大な被害が明らかになってくる。災害は本当に怖いです。

今回の地震、津波でお亡くなりになられた方には心よりお悔やみ申し上げます。また、被災された方々にはお見舞い申し上げます。そして、一日でも早い被災地の復興を願ってます。

| | コメント (2)

2011年2月26日 (土)

「蜷川さんの文化勲章受賞を祝う会」

東京は昨日春一番の風が吹き、春みたいな陽気でしたが、今日は又冬に逆戻り。

20日(日)、渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで蜷川さんの文化勲章受賞を祝う会があった。

午後6時過ぎに会場に着くと、受付はすでに大混雑。久しぶりに会う役者さん、見慣れた役者さん、スタッフさんの顔も見える。とにかく、凄い大勢のお客さんだ。関係者に聞いてみたが、700人位の出席者だそうです。

会場内に入ると、正面には蜷川さんが今迄に演出をした芝居のポスターが貼ってある。すべての作品?それにしても、もの凄い数です。もちろん、私が出演した作品も多数有る。見ていると、それぞれに色々な思い出があります。蜷川さんと出会ってから、もう16年が過ぎました。早いものですね~。

出席者も豪華絢爛、「ミシマダブル」公演中の平幹二朗さんと東山紀之さん。東山さん、カッコいいです(笑)。北大路欣也さん、市村正親さん、渡辺謙さん、阿部寛さん、嵐の松潤さん、夏木マリさん、松たか子さん、他にも沢山の役者さんが来てましたが、書ききれないので省略させてもらいますm(_ _)m。祝辞のスピーチは古くからの付き合いの唐十郎さん、田原総一郎さん、宇崎竜童さん。宇崎さんは歌を披露、とてもいい歌でした。市村さんは結婚のきっかけになった「ハムレット」の話を披露。渡辺謙さんが初舞台で蜷川さんにバケツで水を掛けられた事を話すと、会場は大爆笑。他にも色々なエピソードに盛り上がりました。

用事が有ったのでお開きまで居れませんでしたが、同窓会のようでもあり、本当に楽しいパーティーでしたヽ(´▽`)/。そして、ローストビーフがとても美味しかったです(笑)。これからも、蜷川さんには良い作品を作り続けて欲しいです。

会場で挨拶に行けなかった先輩の役者さん、スタッフさん達にお詫び申し上げます。

| | コメント (0)

2011年1月16日 (日)

「ミシマダブル」稽古見学

いや~、相変わらず厳しい寒さが続きますね~(震え)。昨年、猛暑が長かっただけに、よけいにそう感じるのかも知れませんね。

11日、蜷川さんへの新年の挨拶を兼ねて、渋谷のシアターコクーン稽古場を訪ねた。半年振りに会う蜷川さんは、元気そうで何よりです。私の母親と同じ75才にはとても見えません(笑)。昨年のハリウッド映画オーディションに落ちた話をしたら、残念がっていました。

さて、今稽古中の芝居は、「ミシマダブル」。三島由紀夫の「サド侯爵夫人」と「わが友ヒットラー」2作品を同一キャスト、しかも男だけで交互に上演するという芝居。キャストは、東山紀之さん、生田斗真さん、木場勝己さん、大石継太さん、岡田正さん、平幹二朗さんの6人だけ!。キャストが少ないということは、当然台詞が多くなる訳で、それも2つの芝居、両方とも3時間近い芝居だそうです(汗)。蜷川さんの芝居は本当に大変です(笑)。

昨年の暮れから始まった稽古も半分位進んだ様子で、この日は「サド侯爵夫人」の一部。サド侯爵夫人演じる東山さん、その妹役の生田君がドレス姿で登場。未だノーメイクなので不自然な感じですが、本番では2人とも美人?になると思います(笑)。蜷川組初参加の生田君、この日は台詞が少しでしたが、はっきりしてるし、楽しみです。母親役の平さんが登場して、だんだんテンションが上がってくる。そして友人の伯爵夫人役の木場さんが登場する。蜷川組常連の木場さん、圧倒的な存在感でさすがです。平さんと東山さんの力技のぶつかり合い、凄いです!。家政婦役の岡田さんもピッタリのキャラクター。大石さんはこの日は出番無し。芝居の全貌が是非、知りたいです。

半年以上芝居から遠ざかっているので、早く舞台に立ちたいと強く願う私です。

公演は、2月2日~3月2日渋谷シアターコクーン                                                 

      3月8日~20日大阪シアターBRAVAです。

| | コメント (0)

«「成人の日」に思う。